適性

You are currently browsing the archive for the 適性 category.

エンジニア不足が各所で問題として挙げられています。近年におけるIT産業の急速な発展や相次ぐ定年退職など、様々な要因があると考えられています。
人材不足の理由に、ITエンジニアに対するイメージの悪さもあります。
一昔前までは「カッコいい」や「最先端」などの良いイメージがありましたが、最近では「きつい」「厳しい」「帰れない」の3Kのイメージがついてしまい、働くことを希望しない人が増えています。
確かにこれらのイメージは全くの嘘ではないでしょうが、イメージだけで判断しても良いものではないはずです。もっと自分の適性を考えた上で、仕事についた方が良いと言えます。
具体的にどのような適性が挙げられるのかを考えると、まず第一に考えられるのが「好きなことに集中できる人」です。言い換えるとオタク気質な人とも言えます。エンジニアには問題を深く堀り下げて考える論理的思考力が必要です。別に理系や文系は関係ありませんし、大学や専門学校で情報学を学んでいなくても問題ありません。要は問題に対して取り組むスタイルが重要なのです。
次に「粘り強い人」です。この業界は移り変わりが激しく、常に新しい技術が生み出されています。そんな中でも継続して新しいものを吸収し続ける粘り強さが必要となるのです。一つのことに対して飽きずに続けられる人がこちらに該当すると思われます。
以上の中に、自分に適性があると感じた方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

Tags: